2005年02月15日

おいしい映画 NO.5 パリのレストラン


料理にはまると、グルメ映画を観たくなる。
★5こが最高!
-------------------------------------------------------------------------------------------
パリのレストランAU PETIT MARGUERY
1995 フランス
30年の歴史に幕を閉じる、パリの小さなレストラン。
閉店前夜の晩餐会、このレストランでの思い出とともに
集まった人々の人生を描く...


この映画、監督のお父さんも料理人で、
その父親をモデルに原作が書かれたそうです。
オードブル、前菜、メイン、ケーキ....うーおいしそう!
がんこで職人気質な料理人の主と、
赤いドレスをさっそうと着こなすマダム。
夫婦でレストラン...ステキです。厨房に犬もいたりね。
晩餐に来た人々の中で、冬なのに白いTシャツな
スキンヘッドの彼、かっこよい。

レストラン最後の夜の電気を消し、愛犬と妻と部屋へあがる。
若者達は雪合戦をし、あかりが消えたのを見届ける。
ちょっと悲しいけど...閉店の理由も、悲しいけど。
(もっと明るいおかしな理由かと思ってたので)
家族で観るのにいい、愛情あふれるドラマです。
★★★★


Oisix(おいしっくす)




posted by sachicafe at 14:16| Comment(0) | TrackBack(1) | YUM CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

パリのレストラン
Excerpt:  パリの街角で30年、皆に愛され続けてきたレストラン『プチ・マルグリィ』。   シェフのイポリット(オーモン)は妻のジョゼフィーヌ(オードラン)と共に、最後の晩餐会を準備する。招待客は、息子で作家の..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2005-05-01 14:23